アロマ(aroma)

夏の虫除けに☆天然ハーブ『シトロネラ』を使って「アロマワックスバー」を作ってみた

更新日:

蒸し暑くなるにつれ、「コバエ」が発生するようになりました。

駆除しても 駆除しても、減らないどころか 不思議と増えていて

ほんとうに鬱陶しい存在です!

 

でも 部屋の中(特にキッチン周り)で、そうそう「殺虫剤」は使いたくない。

そこで “虫たちが嫌いな香りのハーブ” である『シトロネラ』の精油を使って、天然アロマの “虫除け” を作ってみました。

作ったのは “火を灯さなくても 香るキャンドル” として 今話題の「アロマワックスバー」です。

もろみ
置いておくだけで、ふんわりとした香りを楽しめるキャンドルなんです

 

アロマワックスバー シトロネラ aromawaxbar

 

 

 

 

 

 

虫除けハーブ『シトロネラ』とは?

『シトロネラ(Citronella)』は、『レモングラス』などと同じ「イネ科」に属する植物です。

柑橘系の爽やかな香りは、気分をすっきりとリフレッシュさせてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

その大きな特徴は、香りに “昆虫忌避作用” があること。

昆虫(特に蚊)が『シトロネラ』の香りを嫌って 近寄らなくなるため、「虫除け」として効果を発揮してくれます。

また 殺菌・デオドラント作用があり、「洗剤」や「石鹸」の香料としても愛用されています。

鎮痛作用もあるので、わたしのような “頭痛持ち” にとっても 大変ありがたいハーブです。

 

シトロネラ citronella

 

 

 

 

 

 

 

 

『シトロネラ』の精油を香りをかいでみた感想は、レモンのようなスッとした爽やかさに 薬草のような独特な香りが加わっているなぁと。

ちょっとクセがあるというか、香りだけでなら たぶん選ばないアロマかも。。

でも しつこさが全く無く リフレッシュするので、夏場は良いと思います。

実際に『シトロネラ』の香りの「アロマワックスバー」を作ってみた!

 

① まずは 必要なものを用意

 

用意したのは、この材料↓

今回、『シトロネラ』の香りの「アロマワックスバー」を2つ作ります。

アロマワックスバー シトロネラ aromawaxbar

 

 

 

 

 

 

 

●ミツロウ   :25g

●ソイワックス :25g

●シリコンモールド(耐熱性のもの)

●好みの飾りつけ(ドライフラワー、ドライフルーツなど)

●好みのアロマオイル(精油)

●紙コップ………「ロウ」を入れて湯煎するため

●割りばし……… かき混ぜる用(買い忘れたので、今回は「竹串」で代用

●麻紐

●ピンセット……飾りつけを乗せるため

 

☆100均の材料でも作れる☆

今回は「ミツロウ」&「ソイワックス」で作りますが、100均で売られている「ロウソク」でも もちろん代用できます!

好みの「アロマオイル」を 後から加える場合は、香りのない「仏具用ロウソク」を選ぶと良いですね。

元々香りのついている「アロマキャンドル」を選べば、「アロマオイル」を加える手間がないので さらに簡単に ♪

 

アロマワックスバー 材料

 

 

 

 

 

 

 

 

「紙コップ」や「麻紐」は、100均で揃えました。

溶かした「ロウ」は とても熱いので、「紙コップ」は “断熱性” のものが おすすめ。

普通の「紙コップ」でも、数個を重ねて使うならOKです。

 

② 沸騰した「お湯」で、「ロウ」を溶かす

 

「紙コップ」に、「ミツロウ」&「ソイワックス」を入れます。

「シリコンモールド」に流し入れやすくするために、「紙コップ」に “注ぎ口” を作ってあげると のちのち楽に。

アロマワックスバー 作り方

 

 

 

 

 

 

 

 

小さめの鍋に「水」を入れて、十分に沸騰するまで沸かします。

火を止めたら 先ほどの「紙コップ」を中に入れて、湯煎していきます。

下の方の「ロウ」から徐々に溶けてくるので、全部溶けきるまで「割りばし」でかき混ぜましょう。

 

③「アロマオイル」を入れる

 

完全に「ロウ」が溶けきったら、湯煎状態のままで「アロマオイル」を加えます。

わたしは15滴ぐらい入れましたが、お好みで。

もし色を加えたい場合は、ここで「クレヨン」や「パステル」を削ったものを入れると良いです。

 

④「シリコンモールド」に流し込む

 

溶かした「ロウ」を、用意しておいた「シリコンモールド(型)」に 流し込みます。

仕上がりに差が出るので、この作業は 丁寧にやりましょう。

 

⑤ 上に「ドライフラワー」をのせて、飾りつけする

 

型に流した「ロウ」の周りが白くなったら、用意しておいた「ドライフラワー」をのせていきます。

思ったよりも早く「ロウ」は固まってしまうので、この作業は素早くやること!

アロマワックスバー aromawaxbar

 

 

 

 

 

 

⑥ 紐をつけて完成

 

涼しい場所で 30分~1時間ほど乾かせば、型から外せます。

穴に紐を通して 完成です

 

『シトロネラ』の “虫除け効果” のほどは?

完成した2つの「アロマワックスバー」を、キッチンダイニングと玄関に置いて 様子をみてみました。

すると、早くも 置いた翌日から「コバエ」の姿を見かけなくなったのを実感!

「コバエ」が『シトロネラ』の匂いが嫌いで 寄ってこないというのは、どうやら確かなようです。

しかし 完全にいなくなった訳ではなく、「アロマワックスバー」を置いていない部屋には まだ数匹の姿が

あくまで 天然アロマの “虫除け” なので、「殺虫剤」のような効果を求めてはいけませんね。

それでも 前と比べると だいぶ「コバエ」の姿を見かけなくなったので、ストレスが減りました。

アロマワックスバー

 

 

 

 

 

 

 

 

作ってみての感想

「アロマワックスバー」は前から興味があって『1日体験教室』にでも行こうかと思っていたのですが、初体験のわたしでも簡単に(30分程度で)作れました。

溶かした「ロウ」の固まりが早いので、どんな風に飾りつけを並べるか 先に考えておくと良いですね♪

加える「アロマオイル」や「ドライフラワー」によって 印象が変わるので、今度は違うアレンジで 作ってみたいと思いました!

今回『シトロネラ』の精油を15滴ほど(アロマワックスバー2つ分で)入れたのですが、やさしく ふんわりと香る感じです。

もう少し加えた方が、 “虫除け効果” がより感じられたかもしれません。

-アロマ(aroma)

error: Content is protected !!

Copyright© もろもろ☆美容日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.