ヘアケア (haircare)

ダイソンの「スーパーソニック(Supersonic)」☆すぐ乾く!大風量のドライヤー

更新日:

ドライヤーは、ダイソン「スーパーソニック(Supersonic)」を使っています。

以前使っていた「リュミエリーナ(LUMIELINA)」のドライヤーが断線してしまったのが、ちょうど このダイソン「スーパーソニック」が発売されて間もない頃。

ドライヤーにしては高額すぎるけれど、その “斬新さ” に惹かれて 思い切って購入したのを覚えています

もろみ
ダイソン独自の『空洞ヘッド』&『デジタルモーター内蔵』に 興味津々!

 

ダイソン ドライヤー スーパーソニック supersonic

 

 

 

 

 

 

 

 

カラーは迷いなく「ホワイト/シルバー」に。

もう2年くらい毎日使っていますが、まったく不具合無しで ハンドルのシルバーが少し剥がれた程度。

髪のお手入れには欠かせないアイテムです

 

特徴①: 大風量で すぐ乾く! 

髪の毛を乾かす時間は、できるだけ短く済ませたいもの。

このダイソンの「スーパーソニック」の一番の魅力は、なんといっても『大風量で 素早く髪が乾かせるところ』です

 

■超高速の「デジタルモーターV9」を内蔵

ドライヤーのハンドル部分に内蔵されているのが、「デジタルモーターV9」という ダイソン史上最速のモーター。

13枚のブレードを持つ羽根(インペラー)は、毎分最大11万回の超高速スピードで回転します。

これはF1エンジンの5倍もの速さとも言われています!

この「デジタルモーターV9」が 毎秒13Lもの風を送り出すことで、髪が素早く乾くのですね

 

■『空洞ヘッド』の秘密は、「Air Multiplier™(エアマルチプライアー)テクノロジー」

世界に衝撃を与えた ダイソンの “羽根のない扇風機” でおなじみの「エアマルチプライアー」。

ダイソン独自の特許技術「Air MultiplierTM(エアマルチプライアー)テクノロジー」を搭載することで、“羽根が無い” という 独特のデザインの扇風機になりました。

 

ヘアドライヤーである「スーパーソニック」も、扇風機と同じ特許技術を採用しています。

そのため “中が空洞” という ダイソンならではのユニークなデザインが可能になったんですね!

「Air MultiplierTM(エアマルチプライアー)テクノロジー」とは どんなものか というと、周囲の空気をとりこんで風量を増幅させる技術。

吸い込んだ空気を 3倍もの量に増やすことで、『高圧』『高速』『ムラのない風』を送り出すことができるのです。

ダイソン ドライヤー スーパーソニック

 

 

 

 

 

 

特徴②: 髪の“乾かし過ぎ”を防ぐ!

ドライヤーというと『髪を傷める』という マイナスのイメージですが、ダイソンの「スーパーソニック」には『髪にやさしい機能』が搭載!

できるだけダメージを与えないように、工夫されているのが よくわかります。

 

■ 風温を測定する「ガラス球サーミスタ(温度センサー)」を内蔵

ダイソン「スーパーソニック」から送り出される風の温度は、最高で 約78℃(速乾/スタイリングモード)。

これは他メーカーのドライヤーと比べると、かなり低めです。

この低めの温度を調節しているのが、本体に内蔵された「ガラス球サーミスタ」という 温度センサー。

吹き出す風の温度を 毎秒20回も測定してくれます

 

■「インテリジェント・ヒートコントロール」で 風温をしっかり制御

髪が “熱ダメージ” を受けないよう、ダイソン「スーパーソニック」には「インテリジェント・ヒートコントロール」が搭載されています。

「ガラス球サーミスタ」から受信した『測定データ』を基に、「マイクロプロセッサー」が常に発熱体をコントロール。

「78℃(速乾/スタイリング)」「62℃(標準)」「45℃(低温/スカルプモード)」「冷風」の4段階のモードに合わせて、それぞれの風温を制御してくれる働きがあります。

 

ダイソン ドライヤー スーパーソニック

 

 

 

 

 

 

 

 

特徴③: 豊富なアタッチメント

ダイソン「スーパーソニック」には、アタッチメントが たくさん付いています。

アタッチメントを付けることによって ヘアセットまでできるので、いろいろなヘアスタイルを楽しみたい女性にとっては便利ですよね!

もろみ
マグネット式なのも嬉しいところで、あっという間に着脱できちゃいます!

 

ディフューザー

大きな円盤型のものが、カールヘア向けの「ディフューザー」。

均一に分散した風が、カールやウエーブを崩さずに ふんわりと乾かします。

自然乾燥に近い “ナチュラルな感じ” に乾かしたい人にも、おすすめのアタッチメントです。

ダイソン ディフューザー

 

 

 

 

 

 

 

 

スムージングノズル

やさしい風力で乾かしながらセットしてくれるのが、この「スムージングノズル」。

空気を分散させるので、乾かしながらも キチンとした印象に整えることができます。

ヘアブラシと併用せずに 手ぐしでOKなので、ブローする時間がない時にも使えそう。

ダイソン スムージングノズル

 

 

 

 

 

 

 

 

スタイリングコンセントレーター

「スタイリングコンセントレーター」は ヘアブラシを使ったブローに最適なアタッチメントです。

ブローしたい箇所だけに集中して風が届くので、風圧も風温も高めです。

毛先だけをカールさせたい時などに、便利ですね!

スタイリングコンセントレーター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特徴④: 簡単にお手入れできる「フィルターカバー」

ハンドル部分にある「フィルターカバー」が簡単に掃除できるというのも、大きなおすすめポイント。

実は あまり「取扱説明書」を読んでいなかったので、この「フィルターカバー」の存在に気づかずに使っていました。

1年が経過したぐらいから 使用中に自動停止してしまうことが多々あり、ダイソンのカスタマーサポートに相談したのです

 

もろみ
使用中に止まってしまうようになったのですが…
「フィルターカバー」は掃除されましたか?
もろみ
えっ! 一度もしていないです
ほこりが溜まったままですと、過熱にならないように「自動停止機能」が働くようになっています。
もろみ
!!

 

さっそく「フィルターカバー」を開けてみると、ほこりがギッチリ

掃除してからは、途中で止まったりすることは一切ありません!

たしかに ドライヤーはほこりが溜まりやすいので、ヤケドや火事になる可能性も・・・反省です。

そんな “危険性” まで察知してくれるなんて、ダイソンのドライヤーはすごいなぁと思いました。

 

使ってみての感想

約5万円という 高級ドライヤーですが、結果 買って良かったと思っています。

髪を乾かす時間は 今までの半分ぐらいに短縮できたし、“乾かす” ことへのストレスも軽減されました。

特に夏場は、この「スーパーソニック」の売りである『低温の風』に助けられます。

今までは せっかく入浴後なのに 髪を乾かすために汗だくになってしまっていたので、それを思うと 本当に買って良かったなぁと。

適当に乾かしても 不思議と髪にまとまりがあり、その点も 今までのドライヤーでは感じられなかったところです。

わたしは細い髪質なので、風量調整をマックスにすると たまに毛先が絡むことがあります。

その点だけマイナスというか、気をつけて使うようにしています。

 

-ヘアケア (haircare)

error: Content is protected !!

Copyright© もろもろ☆美容日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.