スキンケア (skincare)

リバイタルグラナスのクレンジングミルク☆毛穴の汚れまでしっかり落とせる洗顔料

更新日:

資生堂のカウンターでいただいた「リバイタルグラナス」のサンプル。

その中で、「クレンジングミルク」が気に入ったので 購入しました

 

「クレンジングミルク」という名前ですが、「メイク落とし」ではなく ミルク状の「洗顔料」です

リバイタルグラナス クレンジングミルク

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 180ml   4,320円(税込)

 

「リバイタルグラナス」というと “資生堂の中でも 少し地味な印象” を持っていたので、『こんなに良い商品があったのか!』と失礼ながら びっくり

一緒にサンプルでいただいた「メーククレンジングオイル」(メイク落とし)も なかなか良かったです。

 

汚れや角質を洗い流す『ミクロの泡』

「リバイタルグラナス」の「クレンジングミルク」は、とろみのある 乳白色の液状。

 

手に取ると こんな感じです↓

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで使用してきた「洗顔料」は、『固形石鹸タイプ』『フォームタイプ』『パウダータイプ』『泡で出るタイプ』…だったので、この『液状(リキッド)タイプ』は新鮮でした

1番はじめに感じたのは、“泡立つのが早い” ということ。

『液状』なので もともと水分を含んでいる分、簡単に泡立ちます!

 

そして、ふわふわした柔らかい泡の “きめ細やかさ” に びっくりしました。

さらに この “泡” は、肌の上で やさしく転がしていくにつれ、より“きめ細かく” なるのだそう

この『ミクロの泡』が、「毛穴の汚れ」や「古い角層」を洗い流してくれるという わけなのです。

洗顔後の肌は、ざらつきが取れて すっきりしたのを感じました!

 

もろみ
ふわふわした泡で優しく洗うだけで、こんなに汚れが落ちたなんて!

 

「クレンジングミルク」の効果的な使い方

使い方は簡単で、少量(10円玉サイズ)を手に取り ぬるま湯を加えて泡立てるのですが、はじめに「手」と「顔」を濡らしておくのがポイントです

使用方法

1.手を洗い、顔をぬらします。
*手が汚れていたり、メーク落としの油分が残っていると泡立ちが悪くなるので、手を石けんなどで洗ってから洗顔します。

2.手のひらに10円硬貨大を目安にとり、少量の水かぬるま湯を数回に分けて加えながら、空気を巻き込むようにして泡立てます。

3.肌の上で泡をころがすようにしながら、顔全体をすみずみまでていねいに洗います。
顔全体は円を描くように、とくに額や小鼻など脂っぽい部分は、指先でていねいに行います。

4.その後、流水で約1分を目安に、水またはぬるま湯で十分に洗い流します。

5.タオルで水気を軽くおさえるようにやさしく吸いとります。

色々と書いてありますが、『石鹸』や『フォーム』の洗顔料と比べると ずっと簡単に泡立ちます。

柔らかい ふわふわした泡なので、「生え際」や「フェイスライン」のすすぎ残しだけ 注意しましょう

 

使ってみての感想

サンプルを使ってみて感激した商品でしたが、4,320円という値段に躊躇して なかなか購入まで踏み出せませんでした。。

「リバイタルグラナス」自体 ドラッグストアでは取り扱っていないようで、割引購入もできず

 

もろみ
「洗顔料」にしては 高いなぁ

 

でも 思い切って購入してみたら、実は『とてもコスパの良い商品』だというのが わかりました

少しの量で泡立つので、結構持つんです。

結局1本使い切るのに、1年ちょっと(夜だけ使用)かかりました。

 

泡立ちがいいのでストレスもないし、特別なお手入れなしで「小鼻」や「あご」の “ざらざら” がなくなるのが いいですね

洗顔後の “つっぱり感” も ありません!

 

ただ 季節の変わり目で体調を崩した時に、少しだけ刺激に感じました

それからは肌の様子を見ながら、他の「洗顔料」と組み合わせて使っています。

 

-スキンケア (skincare)

error: Content is protected !!

Copyright© もろもろ☆美容日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.