ベースメイク (base-makeup)

資生堂の「スポッツカバーファウンデイション」☆“カバー力抜群”のコンシーラー

投稿日:

ここ最近、ぽつぽつと 口まわりにできてしまう「吹き出物」。

凸凹して 赤みが残ってしまうので、いつもの「ファンデーション」だけだと どうにもカバーしきれなくなってきました。

そこで 毎日のように活用しているのが、資生堂「スポッツカバーファウンデイション」

もろみ
“なんでも隠せるコンシーラー” として人気の、ロングセラー商品なんです♪

「シミ」や「クマ」はもちろん、「傷跡」も がっつりカバーしてくれる救世主です。

 

資生堂 スポッツカバーファウンデイション資生堂 スポッツカバーファウンデイション

 

 

 

 

 

 

資生堂 / スポッツカバーファウンデイション / ¥1,200(税抜)/ 20g

左)H100(ベースカラー 部分用)

右)S100(ベースカラー 全体用)

 

愛用しているのは、同じカラーだけど 異なるテクスチャーの「H100」「S100」

少しの量だけで カバーできるので、3年ほど前に買ったのに ほとんど減っていません。

お値段も 1,200円とリーゾナブルなので、コスパ良すぎです。

 

豊富な「テクスチャー」&「カラー」から選べる!

◆選べる “硬さ” & “カバー力”

「スポッツカバーファウンデイション」は、大きく分けて3タイプ。

S(ソフト)シリーズ……全体用の4色(100、101、102、300)。

やわらかく のびが良いタイプ。うすい「クマ」などを 自然にカバー。

H(ハード)シリーズ……部分用の2色(100、101)。

硬めのテクスチャーで、カバー力が高いタイプ。濃い「シミ」や「傷跡」などを しっかりカバーできる。

C(コントロール)シリーズ……補正用の2色(1 ホワイト、2 イエロー)。

硬めで、カバー力が高い。部分用ではカバーしきれなかった「赤アザ」「青アザ」を補正する。

 

『どこを隠したいか』や『どんな仕上がりにしたいか』は、人それぞれ違うもの。

「スポッツカバーファウンデイション」なら、悩みに適した “テクスチャー” の中から 選ぶことができます。

 

◆さまざまな悩みに適した “豊富なカラー”

気になるカラー展開ですが、オークル系を中心に揃っています。

100(S100、H100)……明るめのオークル。

101(S101、H101)……100より やや暗めなオークル。

102(S102)……暗めのオークル。

300(S300)……明るめのピンクオークル。

C1……マイルドな ホワイト

C2……ベージュイエロー

 

目の下の 薄い「クマ」には、イエロー系か 少し明るめのカラーが良さそう。

がっつり隠したい 濃い「シミ」「ニキビ跡」には、少し暗めの方が カバーできますね

 

【カラー見本:資生堂HPより】

スポッツカバーファウンデーション

スポッツカバーファウンデーション

スポッツカバーファウンデーション

 

 

 

実際に「スポッツカバーファウンデイション」を 塗ってみて

◆「H100」は、濃い “色ムラ” に最適 ♪

わたしの場合 使用頻度が高いのが、硬めのテクスチャーの「H100」。

ピンポイントで ぴたっと密着するので、「吹き出物」や「ニキビ跡」を しっかりとカバーしてくれます。

フィット感が高いので、時間が経っても よれにくいのが 素晴らしい。

マットな質感な分 “厚塗り感” が出やすいので、ごく少量を たたきこむようにつけるのが ポイントです

 

スポッツカバーファウンデイション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆「S100」は、広範囲の薄い「シミ」に♪

一方、顔全体に広がる 薄い「シミ」や「肝斑」には、「S100」が向いているよう。

なめらかで のびが良いので、広範囲にカバーしたい箇所でも 簡単に隠すことができます。

やわらかいテクスチャーなので、「H100」と比べると カバー力は 少し劣るかもしれません。

同じ『明るめのオークル』ですが、こちらの「S100」の方が 少し黄色みが強く 暗めに感じます。

スッポツカバーファウンデイション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使ってみた感想

さすが 資生堂のロングセラーだけあって、カバー力がすごい!

薄い「シミ」はもちろん 赤みのある「吹き出物」まで、無かったかのように カバーしてくれます。

「H」か「S」か選べずに 両方買いましたが、“カバーしたい箇所” や “合わせるファンデーション” によって使い分けられるので、結果的に 良かったです。

ただし 使い慣れるまでは 少しコツが必要かもしれません。

ごく少量ずつ 丁寧にたたきこまないと、塗った部分が 逆に浮いてしまうので 要注意です。

それでも ここまでのカバー力で プチプラなのは、素晴らしいと思います☆

 

 

-ベースメイク (base-makeup)

error: Content is protected !!

Copyright© もろもろ☆美容日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.