スキンケア (skincare)

日興リカの サンホワイトP-1☆使い方いろいろな 高純度ワセリン

更新日:

「乾燥性敏感肌には、最高純度のワセリン『サンホワイト』を塗ると良い!」

最近読んだ “肌美容について書かれた本” に そう書いてあり、興味を持ちました。

 

もろみ
なんでも、しっかり保湿できるうえに ほとんど副作用がないそう

 

「ワセリン」自体 あまり使ったことがなかったのですが、「顔」だけでなく「全身」のいろいろなパーツにも使えるのですね!

 

なかでも 日興リカ「サンホワイトP-1」は、アトピーの人や赤ちゃんにも使える 肌にやさしい「ワセリン」なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ワセリン」は「石油」からできている!

「ワセリン」の原料は「石油」だそうです。

 

もろみ
えっ!!「石油」を肌に塗るのって、大丈夫?

 

「石油」からできているとは 全く知らなかったので、肌に悪そうだし 抵抗があると思ってしまいました

どうしても「石油」というと「肌に悪い」というイメージが浮かんでしまいますが、調べてみると その心配は要らないようです!

 

そもそも「石油」自体が、地面の奥深くから掘り出した「自然素材」のものです。

「ワセリン」は、「石油」の不純物を取り除いて精製したものなので、とても低刺激

特に現代では「精製技術」が向上しているので、医薬品としても使われるほど「安全性」が高いのです。

 

「サンホワイトP-1」と 他の「ワセリン」との違い

「ワセリン」にも種類があり、その違いは「色」で わかります。

精製度の高いものほど 「白く透明」で、純度が低いものほど 「黄色」なのです。

 

■黄色ワセリン

薬局で良く売られている「黄色(おうしょく)ワセリン」は、リーゾナブル手に入れやすいのが 良い点ですね。

その一方で 精製度の面では低く、ワセリンの中では不純物の含有量が多いとされています。

販売区分は「雑貨品」なので、「医薬品」「医薬部外品」としては売られていません。

また 純度が低い「黄色ワセリン」は 酸化しやすいので、「酸化防止剤」などの添加物 が入っていることが多いです。

普通肌の方は何の問題もなく使えると思いますが、アトピーや敏感肌の方は 刺激に感じてしまう場合があるかもしれませんね。

 

■白色ワセリン

「白色(はくしょく)ワセリン」は、「黄色ワセリン」と比べると 少し値段が高めですが、その分『精製度が高い』のが特徴です。

「医療用」としても使われているものなので、敏感肌の方でも 安心して使えますね。

「日本薬局方」表記のものは「第3類 医薬品」、それ以外のものは「化粧用油」として 販売されています。

 

■「サンホワイトP-1」

「サンホワイトP-1」も「白色ワセリン」ではあるのですが、さらに精製を重ねた「最高純度」のものです。

「ワセリン」の中で 最も不純物が少なく、「品質」に安定性があります。

色は『透明がかった白』といった感じで、いかにも高純度

「目のまわり」や「唇」といった デリケートなところにも、安心して使えます。

 

ただし 「医薬品」ではなく「化粧用油」なので、病院では処方されません。

保険適用外なので 他の「医薬品」として販売されている「ワセリン」と比べると、 少し割高ですね。

また 「サンホワイト」を 購入できる店舗は、とても限られています。

薬局に行っても 取り扱っていないところが ほとんどなので、「楽天」や「amazon」といったネットで 購入した方が良さそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「サンホワイト」の効果的な使い方
☆スキンケアの最後に「保湿剤」として

「サンホワイト(ワセリン)」には 乾燥を防ぐ効果がありますが、他の化粧品とは違って「肌の角質層」へは浸透しません

肌表面を『油の膜』でコーティングをすることで、肌内部の「水分」が蒸発するのを防いでくれるのです。

その性質を活かすため、入浴後に「化粧水」や「乳液」でしっかり保湿した後に 「サンホワイト」で “蓋をする方法“ が、特におすすめです。

「美容液」や「クリーム」を使う際でも、お手入れのいちばん最後 に「サンホワイト」を使いましょう。

 

「サンホワイト」を使う際の量は、顔全体に対して「お米1粒分」程度と ごく少量にするのがポイント

たくさん塗ってしまうと、逆に乾燥をまねいてしまうので 要注意です!

また「油」なので、温めるとのびて 肌にぴたっと密着します。

直接 肌にのせるのではなく、1度両手のひらで温めて なじませてから、うすーく顔にのせていきましょう。

軽くプッシュしながら付ける感じで、決して 肌を擦らないでくださいね

 

☆「リップクリーム」として使う

「サンホワイト」は高純度で「香料」や「着色料」を使っていないので、安心して「唇」にも使えます。

『油の膜』で唇の表面を保護するので、乾燥や皮むけを防いでくれるのです。

市販の「リップクリーム」の中には 唇に刺激を与えてしまうものもありますが、その点「サンホワイト」なら 心配いりません。

 

また「はちみつ」と1対1で合わせた「唇パック」もおすすめ!

塗った後「ラップ」で覆って、10分ほど待てばOKです。

実際 冬場の乾燥で ガサガサだった唇が、プルプルによみがえったのに 感動しました

 

☆「アイクリーム」として使う

使う量は、お米1粒分の さらに半分程度。

皮膚が薄くて乾燥しやすい「目もと」も、「サンホワイト」なら しっかり潤いを守ってくれます。

就寝前に「まつ毛ケア」として使っても、良さそうですね。

 

☆「花粉症対策」として使う

「サンホワイト(ワセリン)」のバリア機能を活かして、鼻の中に塗ると「粘膜」を保護してくれます。

また「花粉」を「サンホワイト(ワセリン)」に吸着させることで、体内に入ってくるのを防ぎます。

鼻のかみ過ぎで赤くなって乾燥してしまう、鼻まわりの肌の保湿にもぴったりですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使ってみての感想

「サンホワイトP-1」を ほんの少量 うすく肌にのばすだけで、長時間 ずーっと保湿されているのを感じました。

今の季節、特に乾燥する「目もと」や「口もと」の救世主です。

特に「花粉症」の方には、“花粉症対策” として使う方法を おすすめします!!

これを塗ると塗らないとでは、『花粉の吸いこみ方』や、『鼻まわりのかさつき感』が違うので…

毎年花粉で苦しんでいるので、もっと早くから使いたかったです

 

-スキンケア (skincare)

error: Content is protected !!

Copyright© もろもろ☆美容日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.